子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子育ての世代間ギャップ

2022/11/23

記事【子育ての世代間ギャップ】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子育ての世代間ギャップ #世代間ギャップなんて #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。

今日は、子育ての世代間ギャップ、というテーマで短くお話ししたいと思います。

小児科医として外来をしていると、時々お子さんと親御さん以外に、おばあちゃんあるいはおじいちゃんも一緒に受診してくれることがあります。

そんな親御さんとおばあちゃん/おじいちゃんの様子を拝見すると、いろいろ思うところがあるんですね。

お子さんが外来に来て駄々をこねる。すると、その子を叱る親御さんと、その叱る親御さんを優しく諭すおばあちゃん/おじいちゃん、という光景を目にすることもあります。

あるいは、駄々をこねたお子さんに一生懸命関わる親御さん。そんな親御さんに、「あれはダメ」「これはダメ」と強く指示するおばあちゃん/おじいちゃんという光景であることもあります。

そんな、子育て世代と、その上の世代とのやりとりを拝見していると、その家族の「人への関わり方」の歴史がなんとなくわかるものです。すると面白いことに、自ずとそのご家庭で育つ子どもの生きやすさ・生きづらさも見えてくるものです。

そんなことを外来で感じている僕には、子どもの生きやすさが生まれるご家庭にはある共通点があると認識しています。

それは、「世代間ギャップを当たり前のものとして受け入れる懐の深さ」です。

それぞれの時代ごとに、子育てへの価値観は微妙に変わっていくもの。子育ての方法も少しずつ変わる。以前は「正しい」と思われたことも、「間違い」に変わることさえある。

そういった変化を当たり前のものとして、寛容に捉える懐の深さを感じるご家庭には、子どもの生きやすさが生まれる。そう強く感じます。むしろ世代間ギャップを楽しんでしまうくらいがちょうどいい、そんな風にさえ思うものです。

もちろんそんな家庭には心の余裕が生まれます。だからこそ、子どもは生きやすいのでしょうね。

今日は、子育ての世代間ギャップ、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。