小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

現役小児科医による親子のつながる力を
育てるため情報発信

取材/講演などのご依頼・お問い合わせ

 きょうだい支援に関するご相談

子どもたちには、
お互いの個性/違いを認め合い、共に支え合いながら、
これからの時代を生き抜いてほしい。

親御さんの力になり、
いっしょに親子のつながる力を育てたい。
そのための情報を発信しています。

ゆくりてのコンセプト
         

YouTubeで配信!「mojiがたり」

小児科医だからこそ知る、子どもの心のカラクリ。
それを文字(moji)にのせて、語られる世界。
それが、「mojiがたり」です。

    • なみきみち

      生まれてきてくれたのは、短い命のあなた。並木道の季節とともに、あなたの「生きる」が変わってゆく。そして・・。わたしの心にあなたが残してくれたものとは。

    • かまきりがとんでった

      子どもに向き合えずにいた親。あるとき、学校からの連絡をきっかけに、子どもの抱える生きづらさを知る。そして気づいた、子どもが求めていたものとは。

    • きょうだいとしての経験 湯浅正太

      障がい児の兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」(日本図書センター)の作者であり、小児科医の湯浅正太。その湯浅が、きょうだいとしてどのような悩み/問題を抱え、どのような支援により救われたのか。そして、きょうだい支援にとって大事なものは何か。きょうだいとしての経験を語ります。きょうだい支援に向けた資料として自由にご活用ください。

         YouTubeを視聴する
       

Voicyで配信!小児科医の気ままなひとりごと

       

        毎日配信!
        親子のつながる力を育てるうえで、
        役立つ情報が満載!

        右の画面を、
        下にめくってみてください!
        色々な放送が楽しめます!        

Voicyを聴く

みんなとおなじくできないよ小児科医・作家 湯浅正太による作品

障がいのある「おとうと」がいる小学生の「ボク」。おとうとのことを好きだと思う一方で、ちょっと恥ずかしく、心配にも感じている。

そんな複雑な感情と懸命に向き合って「ボク」がたどり着いた答えとは?障がいのある兄弟姉妹をもつ「きょうだい児」ならではの悩みや不安、孤独な気持ちを当事者の視点から絵本にしました。

彼らに寄り添い、励ますとともに障がいのある子の心にも光を当てていきます。

           

みんなとおなじくできないよ

Amazonで購入

ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ小児科医・作家 湯浅正太による作品

診察する、治療する、命と向き合う、…医師として働くとはどういうことか、患者さんにどう接するか、“正解"はなくとも「考えて答えを出していかねばならない」倫理的なテーマについて、若い医師や社会人に向けて解説。

              

小児科医であり絵本作家でもある著者が、医療現場のエピソードに沿った「物語」を提供し、読者に考えてもらいながら倫理観を育んでいく。「明日からの診療に役立つ一言」も記載し、躓いたとき、迷ったときに心の支えとなる書籍。

ゆくりての活動案内セミナー/講座/支援企画 など

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹
学校や自治体の方からも、お問い合わせをいただいております。

活動案内の詳細ページへ

小児科医だから、
作家だから、
きょうだい※だから、
伝えられるものがある。

ゆくりて代表理事
小児科医 湯浅 正太

子どもの声

子どもの気持ちをわかってほしい
大人の言うことは、本当に正しいの?
人生にどんな意味があるの?

きょうだいの声

この気持ちを誰にも相談できないよ
みんな、同じじゃないといけないの?
この社会は、本当にやさしいの?
(※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹)

親の声

親だって、頑張っているの
自分も、こんな風に育てられた
子どもへの愛って、どんなもの?

SNSで Yukuri-te をフォロー!

Yukuri-teLINE公式アカウント

             
いろんな情報が満載!
             
以下のリンクから友だち追加!
             

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。