小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

小児科医の作家が
いっしょに心を育てる

子どもたちには、
お互いの個性/違いを認め合い、共に支え合いながら、
これからの時代を生き抜いてほしい。

親御さんの力になり、
いっしょに子どもたちの心を育てたい。
そのための情報を発信しています。

ゆくりてのコンセプト

子どもの声

子どもの気持ちをわかってほしい
大人の言うことは、本当に正しいの?
人生にどんな意味があるの?

きょうだいの声

この気持ちを誰にも相談できないよ
みんな、同じじゃないといけないの?
この社会は、本当にやさしいの?
(※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹)

親の声

親だって、頑張っているの
自分も、こんな風に育てられた
子どもへの愛って、どんなもの?

心を育てる

mojiがたり

小児科医だからこそ知る、子どもの心のカラクリ。
それを文字(moji)にのせて、語られる世界。
それが、「mojiがたり」です。

mojiがたりを聴いてみる

作品紹介小児科医・作家 湯浅正太による作品

みんなとおなじくできないよ

障がいのあるおとうととボクのはなし

障がいのある「おとうと」がいる小学生の「ボク」。おとうとのことを好きだと思う一方で、ちょっと恥ずかしく、心配にも感じている。そんな複雑な感情と懸命に向き合って「ボク」がたどり着いた答えとは?障がいのある兄弟姉妹をもつ「きょうだい児」ならではの悩みや不安、孤独な気持ちを当事者の視点から絵本にしました。彼らに寄り添い、励ますとともに障がいのある子の心にも光を当てていきます。

Amazonで購入

イベント/寄付セミナー/講座/支援企画 など

小児科医だから、
作家だから、
きょうだい※だから、
伝えられるものがある。

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

学校や自治体の方からも、
お問い合わせをいただいております。

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。