子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

きょうだい児のいろんな気持ち

2022/10/23

記事【きょうだい児のいろんな気持ち】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#きょうだい児のいろんな気持ち #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。

病気や障がいのある子どものことを「同胞」、その兄弟姉妹をひらがなで「きょうだい」あるいは「きょうだい児」ということがあります。

今日は、きょうだい児同士に集まってもらうイベントをおこなっていました。きょうだい児の立場の子どもたちに参加してもらいながら、オンラインで話をしていたんですね。

直に会って話すのとは違って、オンラインで子どもたちの声を聞くときに、難しいなあと思うことがいくつもあります。

例えば、声の大きさです。オンラインだと、子どもたちがマイクに語りかける向きによって、子どもたちの声が小さくなってしまうことがあります。すると、「え、もう一度言ってみて」なんて聞かないといけなくなっちゃいますね。

子どもたちが一生懸命考えてようやく発してくれた言葉であっても、オンラインで聞き取りづらくて、その言葉をもう一度聞き直さなくちゃいけない。そういう技術的な難しさをいまだに感じます。

そんな困難はありながらも心がけたいと思うのは、子どもたちの気持ちを言語化してみることです。彼らの中になんとなくある感情を言葉で表現させてあげる。そんな気持ちの言語化を手伝えたらなんて思っています。

そんな気持ちの言語化を通して、僕がきょうだい児たちに提供したいのは、同じきょうだい児という立場でも、いろんな気持ちがあるよね、という理解です。そして、そんないろんな気持ちがあっていいんだよ、という理解です。

今日は、きょうだい児のいろんな気持ち、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。