子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

記事【不安は適度に】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#不安は適度に #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。

今日は、不安は適度に、というテーマで短くお話ししたいと思います。

あなたは不安を抱いたことはあると思います。不安は決して悪いものではありません。不安があるからこそ、自分を守るための備えができる。

そんな風に人が生きるうえで、不安が役に立つことは大いにあります。でも、そんな不安に自分たちが気をつける必要がある場合があります。それは、過度な不安です。

不安が過度になると精神を病んでいく。日常生活をうまくこなしていく事ができなくなることもあります。

よく受けるご質問に、「子どもに不安があった場合、その不安を除去してあげるのがいいのか、それともその不安に慣れさせてあげた方がいいのか」というご質問です。

その答えは、適度な不安は慣れさせてあげたらいいですが、過度な不安は取り除いてあげてください、ということです。

たいてい子どもは、自分自身だけで不安への対処をできません。やはり、過度な不安の対象を親御さんが取り除いてあげる必要があります。

そして、過度な不安がある時こそ大切なのは、安心・安全な存在がそばにいることです。通常その安心・安全な存在は、親御さんです。過度な不安がある時こそ、親子の関わりを増やす。

そうやって過度な不安を適度な不安に変えていくことで、子どもたちの心は丈夫に育っていきます。数年経って、「あんなこともあったわね」なんて笑い話になる事が少なくありません。

今日は、不安は適度に、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。