子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

記事【子どもの質問する力】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子どもの質問する力 #質問する力 #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもに関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今日は、子どもの質問する力、というテーマで短くお話ししたいと思います。

6歳くらいまでの子どもには、「(第二)質問期」あるいは「なぜなぜ期」と俗に言うような時期があります。物事への関心が広がって、どうしてだろうという疑問が次から次へと湧いてくる時期です。

その疑問を解消することで、知ることの喜びを経験する。それは、まさに好奇心の原点とも言える大切な時期です。

子どもは好奇心をもつことで、様々な人生の展開を経験できます。学問に興味をもったり、他人に興味をもつことで、子どもたちの世界が広がっていくのです。

どうやったら電車は動くのだろう?どうやったら宇宙に行けるんだろう?どうやったら相手を笑顔にさせられるんだろう?そんな好奇心や疑問をもつことを楽しめるかは、幼い頃の経験が影響します。

特に子どもたちに経験してもらいたいのは、楽しく疑問を解決していくという経験です。楽しいからには、そこには笑顔があります。子どもの笑顔の反対側には、親の笑顔があるはずです。

ですから、子どもの豊かな経験の場所には、必ず親の笑顔があります。親の笑顔には、親の心のゆとりが欠かせません。

子どもの質問する力を生かしながら、知ることの喜びを経験するために、親の心の余裕を確保すること。社会はそのことを真剣に考えるべきと思います。

今日は、子どもの質問する力、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。