子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子どもたちの良さを引き出す教育

2022/09/08

記事【子どもたちの良さを引き出す教育】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子どもたちの良さを引き出す教育 #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもに関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今日は、子どもたちの良さを引き出す教育、というテーマでお話ししたいと思います。

あなたは、黒板に書いてある内容をノートに書き写す板書は得意でしたか?学校で授業を受けている子どもたちの能力は様々です。板書についても同様で、板書が得意な子どももいれば、板書が苦手な子どももいます。

こんなことを話している僕はというと、板書は苦手です。例えば高校の数学の授業では、先生が板書を強要しなかったので、僕は板書はせずに黒板を見ていました。板書をするよりも、そちらの方がはるかに理解できたので、それで困った記憶はありません。

これまでの時代は、みんな一律に同じことをやりながら、その中で能力を比較するということを行なってきました。でも、人って能力が違うのです。得意・不得意のバランスが違うのです。

つまり、得意・不得意が異なる子どもたちの能力を、狭い基準の中で学習・評価し育てようとしていたということです。育てる部分はいいかもしれませんが、評価されずに育てられなかった能力があるということです。

人の能力を育てる時期には、やはり最適な時期というものがあります。それが、子どもの時期です。柔軟で如何様にでも発展していく子どもの時期だからこそ、能力がある部分を育てられないのはもったいない。

やたら電車に詳しい。やたら昆虫に詳しい。そんな子どもの中には、一般の学校教育には馴染めない子どももいます。実際に不登校になって自宅で生活している子どもも、全国にたくさんいます。

そういった子どもたちには、その得意な分野の能力を伸ばす教育があってもいいだろう、そう思うのです。そして、そんな考えをもつ支援者がやはり全国にいらっしゃって、独自の取り組みをされています。

これまでの時代では評価し得なかった子どもたちの才能も、これからの時代には評価し育てられる時代になって欲しいと思います。どんな子どもたちにも、その子らしさを育てる教育を提供してあげたいものです。

今日は、子どもたちの良さを引き出す教育、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。