子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

記事【重要なことは何度でも】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#重要なことは何度でも #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今日は、重要なことは何度でも、というテーマでお話ししたいと思います。

あなたは子どもの頃、大人が子どもに対して、「重要なことを一度しか言わないから、よく覚えておけよ」と言っている光景を目にしたことはありませんか。

小児科医として色々な子どもたちをみながら、その時のことを思い出すと、「重要なら、何度でも言ってあげて」と思ってしまいます。

一度聞いただけでは頭に入っていかない子どもたちもいるし、ノートに書き留めることが苦手な子どもたちもいます。色々な子どもたちがいるのだから、「重要なら、何度でも言ってあげて」と思ってしまうのですね。

それに、「重要なことを一度しか言わないから、よく覚えておけよ」のセリフは、これまでの時代によく行われてきた受動的な受け身の学習だからこそ聞かれるセリフです。そしてその学習の機会を、さらに限定的な機会にしてしまいます。

でも、実際に社会に出てみると、自分から能動的に自主的に考えて行動することこそが、とても重要であることがわかります。自分から調べてみて重要な答えを見つける経験を積ませてあげた方が、社会人として役立つでしょう。

さらに付け加えると、子どもたちの記憶の定着に差があるとしても、反復して経験した物事はある程度身に付けられます。だからこそ、「回数をこなして慣れる」「回数を重ねて覚える」という経験を通して、「できる」という自信をつけてもらいたいですね。

人付き合いも同様です。自分とは性格が違う相手を受け入れていくには、何度も回数を重ねて会って慣れていくことが欠かせません。そうすることで、慣れない相手の良いところにも気づけるようになるものです。

大人が操作できるような場面では、あえて単発の機会に限定するのではなくて、しっかり複数回の機会を与えてあげる。そういった教育が当たり前になってくれれば、子どもたちはもっと生きやすくなるのだろうと思います。

今日は、重要なことは何度でも、というテーマでお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。