子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子どもを支える親の健全な心

2022/09/02

記事【子どもを支える親の健全な心】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子どもを支える親の健全な心 #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今日は、子どもを支える親の健全な心について考えてみたいと思います。

以前にもお話ししましたが、親子の心は切っても切り離せない関係です。親の心が不安定であれば、その親に接する子どもの心もまた不安定になります。逆も然りで、子どもの心が不安定だと、その子どもに接する親の心も不安定になりやすいものです。

ただ、親は子どもに比べて、俯瞰的に自分の心を見ることができるかもしれません。ですから、子どもの心が不安定だとしても、その子どもに接している自分の心が不安定にならないように調整することができることもあるものです。

そんな風に自分の心をある程度操れる親でも、自分の健康を害した時、その親の心は不安定になるかもしれません。その状況は親にとってのピンチであるだけでなく、子どもにとってのピンチでもあるわけです。

それまで親が、自分の心も、子どもの心も整えてくれていたからこそ、子どもの心の安定が維持できていた。なのに、親が健康を害することで心が崩れ、子どもの心も不安定になる。そういったことが珍しくありません。

そういうことを理解すると、子どもにとっての親という存在がどれほど特別な存在かがわかります。健全な心をもつ親がいるからこそ、子どもの心も健全でいられます。

だから、社会は親の心を健全に保てるように協力してほしいのです。親の働き方が変わって、親の心が健全になれば、必ず子どもにいい影響が生まれます。子どもの心が健全に育てば、将来の社会も健全に機能する。そういう将来までの見通しをもって、今の親の働き方を考え直してほしいと思います。

今日は、子どもを支える親の健全な心についてお話ししました。

だいじょうぶ、

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。