子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

記事【親がいるという力】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#親がいるという力 #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

僕が外来に出ていると、「最近子どもがイライラして、兄弟とよく喧嘩をするんです」なんてご相談を受けることがあります。そんな時、あなただったらどうしますか。

そんな時は、そのイライラしやすい子と一緒にいる時間を増やしてみてください。そんなことで、子どもの行動が少しずつ変わります。

子どもは学校などの日常生活で抱える不安を、親との関係で解消します。親と一緒に食事をしたり、話をしたりすることで、子どもの心は不安を解消しながら、健全に成長していきます。

そのことを社会に理解してもらいたいと思います。確かに子どもを預かってもらえる場所が増えることで、親は働きやすくなるかもしれません。でも、子どもにとって大切なものは、預かってもらえる場所よりも、親なんですね。

大人の目線で考えるか、子どもの目線で考えられるか、ということです。子どもの心の健全な成長を考えながら、社会の仕組みを考える。そういった社会で育った子どもは、健全な心をもって大人へと成長します。そんな大人だからこそ、健全な子育てを考えながら、また社会の仕組みを調整できます。

健全な心を育てる視点があれば、子どもは生きやすくなるし、親も生きやすくなるのです。

人の心の成長を考えられる社会になれば、

だいじょうぶ。

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。