子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子どもにとって大切なローカル経済

2022/08/10

記事【子どもにとって大切なローカル経済】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子どもにとって大切なローカル経済 #ローカル経済を語ろう #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今日は、子どもにとっての故郷について考えてみたいと思います。あなたにとって故郷はありますか?目を閉じると、懐かしい学校の校舎が浮かびますか?耳を澄ますと、お友達の笑い声が聞こえますか。大人になった今、その光景や体験って宝物ですよね。

例えば僕の子どもの頃は、家の近くに用水路が流れていたり、雑木林がありました。そこを友達と走ったり、冒険したりしていたんですね。そんなことをしながら、木漏れ日を楽しんだり、水や土や木の香りを楽しんでいたわけです。その記憶は大人になった今でも、僕を支えてくれています。

大人になって社会で生きていると、時には「大変だな」と思うことがあると思います。でも、心の中に子どもの頃に体験した穏やかな記憶があれば、その記憶は必ずあなたを支えてくれますね。「あの頃は良かったなあ」なんて思いながら、元気をもらって頑張ろうと思うわけです。

子どもたちは、今の子どもである時期がどれほど貴重なものなのか理解できません。大人の中にもまだまだ、子ども時期も大人の時期も同じもの、という認識の方もいます。でも、はっきりと言いますが、子どもの時期ほど、人の人生に影響を及ぼす時期はありません。

人の人生の中で最も影響が強い時期は、やはり子どもの時期なのです。子どもの頃の1日と、大人になった後の1日では、質が全く違います。

ですから、子どもたちには、色々なローカルな景色を見せてあげてください。そしてできれば、その景色の中に親の笑顔があれば最高です。その光景は、子どもの心を一生支えてくれます。嘘ではありません。本当です。

子どもの心さえ健全であれば、だいじょうぶ。

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。