子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

叱らなくても、子どもの行動は修正できる

2022/08/04

記事【叱らなくても、子どもの行動は修正できる】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#叱らなくても子どもの行動は修正できる #子育て #小児科医 #湯浅正太 #ゆくりて

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

「子どもを叱っても、子どもの行動が変わらないんです」という親御さんの声をよく聞くことがあります。

こういった声を耳にする度に、「叱るから、子どもの行動はなおる」という理解を改めたいと思うのですね。子どもの行動は、子どもの心に沿って現れます。子どもの行動は、子どもの心に沿ってなおっていきます。

子どもの心がイライラしていれば、乱暴な行動が現れます。子どもの心が穏やかなら、優しい行動が現れます。

よく見かける光景は、イライラした指導者の周りには、イライラした子どもがいるという光景です。指導者の心が落ち着かないから、子どもの心も落ち着かない。そして、逆もあるでしょう。子どもが落ち着かないから、指導者の心も落ち着かない。

そんな光景がある一方で、僕が見ていてホッとするのは、穏やかな指導者のもと活発に活動する子どもたちの姿です。指導者の心が穏やかだからこそ、子どもたちの心が弾んで見えます。そしておそらく、その指導者には子どもの優しい心が見えるからこそ、その指導者も心穏やかに過ごせるのだろうと思います。

「行動は叱ってなおすもの」というよりも、「行動を正すために、心を穏やかな方向へ導く」という理解の方が何かとうまくいくものです。でも、そのことを理解すると、まずは大人自身の心を穏やかに保つことが何よりも大切であることがわかります。

子どもを見守る施設をたくさん作っても、そこで働く従業員の心が穏やかでなければ、子どもたちは幸せになりません。子どもたちが家に帰った時に、心穏やかな親御さんがいなければ、子どもたちの心は豊かに育ちません。

だいじょうぶ。

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。