子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子どもの気持ちを聞く技術

2022/07/22

記事【子どもの気持ちを聞く技術】

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる書籍「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」を Amazonで見てみる

#子どもの気持ちを聞く技術 #聞く技術 #子育て #小児科医 #湯浅正太

こんばんは。絵本「みんなとおなじくできないよ」や「ものがたりで考える 医師のためのリベラルアーツ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心に関わる物事を気ままに発信しています。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

皆さんは、子どもの健全な心の成長を促すために大切なことは何だと思いますか。色々ありますが、必ず大切にしたいことの一つに、子どもが自分の気持ちを他人に伝えられる機会を設けるということがあります。子どもたちの気持ちというと、もちろん嬉しい気持ちもあるかもしれません。忘れてならない気持ちとして、SOSの気持ちというものもあります。

今日は、そんな子どもたちの気持ちを聞く環境の大切さについて考えてみたいと思います。

人には、色々な個性があります。「何か意見を言って」なんて言わなくても、自分から進んで意見を言ってくれる人もいます。そうかと思えば、自分の意見を発言するのをためらって、なかなか自分の気持ちを他人に打ち明けられない人もいるものです。社会で暮らしていると、本当に色々な個性に気付きますよね。

それは、子どもの世界でも同じです。発言を求めなくても、勝手に自分の意見をズバズバ言う子どももいれば、意見を聞いても、「え〜と・・」となかなか意見を言ってくれない子どももいます。

子どもたちが自分の気持ちを他人に伝えられるかどうか、あるいは子どもたちが自分たちの気持ちを理解してもらえてると感じられるかどうかは、子どもたちが生きるうえでとても大切なことです。「今、とっても嬉しい気持ち」「今、とっても困ってる」、そうやって自分の気持ちを誰かに理解してもらうことで、子どもたちの心は健全な状態を保てるのです。

「子どもたちが誰かに気持ちを知ってもらうって、そんなに大切なこと?」と思う人もいるかもしれません。小児科医としての答えは、「はい、それは、子どもたちが生きるうえでとても大切なことです」ということになります。

子どもたちが自分たちの気持ちを誰かに伝えることが、それほど重要なことと理解しているからこそ、もしも子どもたちが気持ちを教えてくれるような場面があったら、どうやって反応すると思いますか?「教えてくれてありがとう!」って、気持ちを教えてくれたことに感謝します。

どんな意見でも、子どもたちが自分の気持ちを誰かに伝えてくれた場面があれば、他人に気持ちを伝えようとしてくれた、その行為に感謝します。そうやって、子どもたちの心の中にある「自分の意見を誰かに伝えたい」という気持ちを育てたいものです。「自分の気持ちを誰かに伝えてもいいんだ」とか、「自分の気持ちを誰かに伝えると、何だかほっとする」、そんな経験を子どもたちにはたくさん積んでもらいたいと思います。

世の中には不登校を経験していたり、何だか生活にうまく適応できていない子どもたちがいます。そんな子どもたちの多くに共通することとして、その子どもの気持ち、あるいはSOSを十分に聞けていない環境というものがあります。

中には、子ども自身の言葉にして伝える能力が乏しい場合もあります。でもそれだけでなくて、いくら子どもが自分の気持ちを伝えようとしても、聞こうとしない大人の環境もあったりします。

小児科医として、そんな子どもと環境を目の当たりにしているからこそ、子どもたちの気持ちを聞ける環境がどれほど大切かということを理解します。子どもたちの心の声を聞こうとする姿勢が社会にあるかどうかで、子どもたちの生きやすさは桁違いに変わっていきます。

これから少子高齢化の時代に突入していきますが、限られた子どもたちの周りには、多くの大人たちが存在する時代になります。大人たちが子どもたちの声を聞こうとしてあげれば、子どもたちの心は健全に育っていきます。

子どもの気持ちを聞く技術として、まずは「教えてくれてありがとう」からお願いします。

そうすれば、

だいじょうぶ。

まあ、なんとかなりますよ。

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。