小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

見えないものを見せる工夫

2022/03/04
#見えないものを見せる工夫 #子育て #小児科医 #湯浅正太

記事【見えないものを見せる工夫】

絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心を育てるうえで役立つ情報を発信しています。そんな、子どもの心を育てるということを、あまりかたく感じないでください。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

リスナーの方から、このチャンネルを通じて子どもへの対応を工夫したら、子どもの様子が変わりましたとコメントをいただきます。ありがとうございます。嬉しいです。周りの大人の関わり方を変えるだけで、子どもの様子は変わるのです。

それを知らないで、子どもは勝手に成長して生きる術も身につけるからと思っていては、もったいない。おそらく、大人の関わりで子どもが変わるということを経験した方は、この「もったいない」という感覚がわかっていただけると思います。

子どもの生きやすさは、大人の関わり方次第で変わります。如何様にでも変化します。そういうものなのです。

例えば、「君は〜な個性をもっているね」「君って、〜な癖があるよね」なんてやりとりを聴いたことがある人は少なくないでしょう。その個性や癖は、実は大人の関わりによってつくり出されている部分も大いにあります。大人の関わりの影響でつくり出されたものが、いつの間にかその子ども本人がつくったかのように言われる。そういうものなのです。

大人が子どもを導くということです。大人の関わり方次第で、子どもの行動を色々な方向へ導くことができるのです。今回も、子どもを導くうえで欠かせない知識をお話ししたいと思います。それは、見えないものを見せるということです。

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる

教えてくれて見える世界

あなたは、スポーツの観戦中継を聴いたことがありますか?解説者の人が試合の様子を解説してくれると、その試合の様子がよく分かるものです。特にルールもわからないスポーツだったりすると、解説があるおかげで楽しめるようになるものです。

スポーツではなくても例えば、あなたが道に迷った時です。どうやって目的地に行くべきかわからない時は、不安がたまり疲労も感じるでしょう。でも、誰かに道を教えてもらって、目的地までの経路がなんとなく分かると、気持ちも楽になり足取りも軽くなるものです。

このように、自分がわからない物事でも、誰かが解説してくれると楽しめるようになる。そして、気持ちも楽になる。そんな心の変化が生まれるものです。つまり、見えないものを見せる工夫をすることで、人は生きやすくなるのです。

大人に見えて、子どもに見えない世界

それは、子どもも同じです。子どもの時期は、新しい体験の連続です。わからないことの連続なのです。わからないことがあるからこそ、不安が生まれます。子どもの時期には不安がたくさんあることが当たり前。その不安を軽減するために、親という存在が必要なのです。

そんな親が担うべき役割のひとつに、見えないものを見せる役割があります。例えば「これからお料理がくるから、テーブルは綺麗にした方がみんなが食べやすくなるね」「雨が降るから、傘をもっていった方がいいね」「お友達の服が汚れちゃったから、お友達が泣いているんだね」

そんな親に予想できる、あるいは親に見えている世界を、子どもと共有すること。それが、子どもにその世界を意識させて、心の不安を取り除くうえでとても大切なのです。大人には見えていても、子どもには見えていない。実はそんなことが、たくさんあるはずです。

そうやって大人の世界を見せてあげることを繰り返していると、次第に子どもが自分から率先して行動できるようになります。そうなれば、あえて言葉に出す必要はありません。あとは、親がそっと子どもの行動を支援してあげるだけで大丈夫になります。それに、子どもは成長すると「わかっているよ」と口ごたえしてくれるようにもなります。だから、そんな時こそ、そっと親が行動で示してあげるだけの方がうまくいく場合もあるのです。

子どもには見えていない世界を見せてあげる。そうやって、不安を軽減しながら新しい物事をどんどん乗り越えさせてあげる。その積み重ねが、いつしか大きな効果となって現れます。ちょっとした対応ですが、効果は絶大なのです。

今回はここまでです。

記事のポイント!

  • 大人の世界を子どもに伝える
  • 世界が見えると、子どもは生きやすくなる
  • 子どもへの関わりで、子どもが成長する

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。 当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。     ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。