小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

外の世界でつくられるあなた

2022/02/25
#外の世界でつくられるあなた #子育て #小児科医 #湯浅正太

記事【外の世界でつくられるあなた】

絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心を育てるうえで役立つ情報を発信しています。そんな、子どもの心を育てるということを、あまりかたく感じないでください。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今回は、外の世界でつくられるあなたについて考えたいと思います。

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる

2つの自分

人は成長するに従って外の世界とつながりながら、自分という存在を認識します。人だったり、物だったり、色々なものとつながりながら、外の世界から見た自分という存在を固めていくのです。それはまるで、鋳型のような世界です。外の世界のつながりをつくりながら、鋳型のようにあなたの周りを固めていきます。そして様々なつながりをつくることで、びっしり詰まったあなたという鋳型が出来上がるのです。それが、外の世界から見た自分です。

そう考えると、あなたには、あなた自身から見た自分と、外の世界から見た自分がいることがわかります。つまり、あなたには、2つのあなたが存在するのです。あなた自身から見た自分は、あなたにしか感じられないものです。一方で、外の世界から見た自分は、外の世界でつながった人や物との関係の中でつくられる集合体のようなものです。

あなたには、そういった2つの自分があります。

人の痛みが自分の痛みになる

ところであなたは、怪我をしたことはありますか?あるいは、心が傷ついたことはありますか?あらゆる世界で生きていくと、様々な経験を通して、そういった傷を負いながら痛みを感じるものです。では今度は、あなたではなく誰か他の人の痛みを、あたかも自分の痛みのように感じたことはありますか?例えば、あなたにとって大切な人が辛い目にあっている時に、あたかも自分の痛みのように感じたことはありますか?

あなたが、人とつながることができていれば、他人の痛みを自分の痛みとして感じた経験があると思います。つまり、もしもあなたが誰かとつながりをつくれればつくれるほど、その人の痛みを自分の痛みのように感じるはずです。しかも、その人とのつながりが強ければ強いほど、その人の痛みを自分の痛みとして強く感じてしまうものです。

自分とって影響力が強い自分

ここまで、あなたには、あなた自身から見た自分と、外の世界から見た自分がいることをお話ししました。そして、外の世界とのつながりが強ければ強いほど、外の世界の現象を自分のものとして感じられることにも触れました。最後にあなたにとって影響力が強い自分はどちらかということを考えたいと思います。

あなた自身から見た自分と、外の世界から見た自分、という2つの自分のうち、あなたにより強い影響を及ぼすのはどちらの自分だと思いますか?より正確に言うと、もしもあなたがしっかり外の世界とつながりをつくれる人であれば、どちらの自分があなたに強く影響を及ぼすでしょうか?

それは、外の世界から見た自分です。

あなたが幸せになるために

もしもあなたが誰かとしっかりつながりをつくれたならば、その人の痛みをあなたはどんな風に感じるようになると思いますか?それは、あなた自身が負った痛みの何十倍も何百倍も耐えがたい痛みとして感じるようになります。そうです、あなた自身の痛みよりも、つながりをもてた外の世界の痛みの方が、より強く感じられるようになるのです。

このように、人はつながりの中で生きる生き物です。そういうものなので仕方ありません。ですから、あなたが子どもとのつながりをつくればつくるほど、子どもの辛い様子は自分の痛みとして感じられるようになります。それは、痛みだけではありません。子どもの幸せが、自分の幸せとして感じられるようになるのです。

そう理解していただくと、子育てをするあなたが幸せになる方法がわかると思います。それは、子どもとの強いつながりをつくりながら自分の外の世界を固めていき、そして子どもの幸せを増やすことです。そうすることで、あなた自身の中でつくろうとする幸せ以上の幸せを感じられるようになるのです。

そうやってつながりをつくりながら、自分の心を豊かにする。今日のお話を理解していただくと、親としての幸福度が桁違いに増えていきます。

今回はここまでです。

記事のポイント!

  • あなたから見た自分と、外の世界から見た自分がいる
  • 外の世界とつながることで、あなた自身が変わる
  • あなたの幸せは、あなた以外のところにあるかも知れません

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。 当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。     ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。