子どもの「生きる」を考える
子どもの「生きる」を考える
小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te
代表理事 
湯浅正太
みんなとおなじくできないよ

子どもへ教育しなければならないこと

2022/02/12
#子どもへ教育しなければならないこと #子育て #小児科医 #湯浅正太

記事【子どもへ教育しなければならないこと】

絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心を育てるうえで役立つ情報を発信しています。そんな、子どもの心を育てるということを、あまりかたく感じないでください。ですから、紅茶でも飲みながら、ゆる〜い気持ちで聴いてもらえればと思っています。

今回は、子どもへ教育しなければならないことを考えたいと思います。

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる

追及する子どもの幸せ

小児科医である僕が子どもに関わる医療の中で追及しているものは、子どもの幸せです。どんな病気や障がいを抱えていようとも、どうやったら子どもの幸せを実現できるか。病気を抱えていたとしても、どうやってその子どもらしい生活を実現してあげられるか。そんなことを考えながら医療に携わっています。そんな小児科医の僕がこのチャンネルを通して子どもの心のカラクリを発信している理由は、何だと思いますか。

それは、子どもの幸せを実現するうえで、子どもの心を育てるための親から子どもへの関わりがもっとも重要なことと考えているからです。小児科医として薬を処方する。小児科医として医療を提供する。そうやってたしかに、子どもの状態が良くなって幸せを提供できるかもしれない。でも、僕たち医療者が子どもに届けられる幸せの質と、親から子どもへの関わりによって子どもに与えられる幸せの質は大きく違うのです。

僕が小児科医として子どもたちに幸せを提供できたとして、それはその一時点のものであることが多い。でも、親が子どもに提供する幸せは違います。その子どもの人生すべてに影響を及ぼします。これは大袈裟に聞こえるかもしれませんが、本当にそうなのです。

子どもの人生を決める親の関わり

小児科医として色々な子どもたちと出会う中で、子どもの心をどのように育てるかによって、その子どもの人生が大きく変わるということを理解するようになりました。こういった関わりを受けていた子どもは、こうやって育っていくのか。親から子どもへの関わりで、こういった大人がつくられていくのか。そういったことをたくさん経験しながら、人生のカラクリを知ることになりました。

そして、子どもたちがこれから色々なことを体験する中で、その物事を有意義な経験に変えて成長できるかどうかは、どんな心を備えているかで決まる。しかも、親から子どもへの愛で満たされた心をもっているかどうかで決まる。そう確信しています。

子どもが病気や障がいを患ったとしても、その子が親からどのように関わってもらっているかで、その病気や障がいの捉え方も変わっていきます。病気や障がいに押しつぶされてしまうのか、あるいはそういった状態を克服できるのか。それには、親から子どもへの適切な関わりが欠かせないのです。

子どもが学校という社会でどう生きようとするか。子どもが成長して社会人となった時に、社会で他人と協力しながら新しいものをつくり上げることに充実感をもって取り組めるのか。その子どもが大人になって、自分の子どもとの距離を適切に保ちながら愛をもって接することができるかどうか。そのすべてに、子どもの頃に受けた親からの関わりが影響します。

子どもへの教育に欠かせないもの

そのカラクリを知らずに生きている人がとても多い。しかも、人が便利に暮らせるようにつくったはずの社会に翻弄されて、生きづらさを抱えながら生きている人が多い。いつの間にか、人が生きやすくなるためにつくったはずの社会に合わせて、結局生きづらさを抱えてしまう人がいる。そうやって、人が本来求めるものに気づけずに、社会という枠組みの中で知らず知らずのうちに自分たちの行動を縛り苦しむ状況に違和感を覚えます。

人が本来求めるものを意識できなければ、限られた人生の中で、何のために自分は生きてきたのだろうという疑問を持ちながら最期を迎えます。逆に、人が本来求めているものは何なのか。そういったことを理解できれば、窮屈な生き方から解放される。そして、人として求めるものに気づくことで、本来得たかった安心感をもちながら充実した人生を送ることができる。

社会の構造は、どうしてもその時代ごとに変わっていきます。これからの時代は少子高齢化や人口減少により、生活の様子が大きく変わります。そういった社会の様子に惑わされることなく、人として求めるものをしっかり理解する。そうすることで、これからの時代であっても充実感をもちながら人生をまっとうできます。

特に、これから大きく変わる社会を生きる子どもたちには、そのことが欠かせません。自分たちがつくった社会の変動に惑わされずに、本当の生きる意味を感じられるように子どもたちを育てる。そのためには、そういった教育が必要です。義務教育期間のうちに、人として求めるものは何なのか。テストの点数のような人がつくりあげた基準ではなくて、何を獲得することで人の心は満たされるのか。そういったことを子どもたちに教育できれば、子どもたちは前を向いてこれからの長い人生を生き抜けるのです。

今回はここまでです。

記事のポイント!

  • 子どもの幸せにとって欠かせない、親の関わり
  • 親から子どもへの関わりは、子どもの人生すべてに影響する
  • 人が本来求めるものを子どもたちへ教えてあげることが必要

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。 当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。     ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。