小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

聴き慣れたセリフを踏襲する子どもたち

2022/02/05
#聴き慣れたセリフを踏襲する子どもたち #子育て #小児科医 #湯浅正太

記事【聴き慣れたセリフを踏襲する子どもたち】

絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心を育てるうえで役立つ情報を発信しています。

小児科医として、色々な生きづらさを抱えた子どもたちに出会ってきました。その子が病気を持っていようとなかろうと、心が豊かに育っているかどうかで、子どもたちの生きやすさが変わっていきます。そしてそんな子どもたちが、これから少子高齢化や人口減少で大きく変わる時代を生きていく。

そんなこれからの時代を生きる子どもたちには、生まれてきてよかったと思える人生を歩んでもらいたい。そう考えると、子どもの時期に豊かな心を育てられる予防的な関わりが欠かせないと思うようになりました。そのために、こうやってvoicyで子どもの心を育てる情報を発信しています。

はじめて聴いてくれているリスナーの方もいると思って、ちょっとお話ししてみました。

今回は、聴き慣れたセリフを踏襲する子どもたちを考えたいと思います。

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる

子どもの言葉をつくるもの

あなたは、自分の話し方を動画で聞いたことはありますか?自分って、こんな話し方をしていたんだ。そんな風に思ったことはありませんか?自分が感じている口調と、録音した自分の音声は少し違うものですよね。

ではあなたは、そうやって聞いてみた自分の話し方を、優しいと感じましたか?それとも、なんだか冷たいと感じましたか?小児科医として子どもたちの成長を追っていくと、話し方の育つ様子がよくわかります。そこには、一定の法則があります。それは、その子どもが慣れ親しんだ話し方が、子どもの口調になるということです。

世の中には、「てめえ」などと汚い言葉を使う子どもがいます。その言葉を使う本人は、優しい心をもっていても、言葉としての表現は汚くなってしまう。そんなことがあります。つまり、心の状態を素直に言葉で表現できないということです。これは、とてももったいないと思います。

そこに関係するのは、子どもが聞き慣れている会話です。その子どもが、親とたくさん会話をするのか。それとも、親以外の人、あるいはゲームの世界で会話を聞くことが多いのか。そういった、聞き慣れた会話が、子どもたちの話し方に大きく影響を与えます。生活で触れる言葉の一つひとつが、じわじわ子どもの言葉を育てていくんです。

当たり前のことですが、この「生活で触れる言葉」が、子どもの言葉になるという意識はとても大切です。そして、子どもが自分の心の様子を正確な言葉で誰かに伝えられるようにしてあげることは、子どもの生きやすさにつながっていくのです。

子どもの言葉を養う努力

小児科医として接する子どもたちの中には、親子の会話よりも、ゲームの世界の会話を聞く機会の方が多い子どももいます。ゲームの世界は、もちろん実際の世界ではありません。人と人とが直に接している世界ではないのです。

そんな世界の会話に慣れていくと、不思議な現象が起きます。会話をする時の感情や口調に違和感を感じるようになるのです。それを空気が読めないとか、相手の気持ちをくめないとか、そういった表現で表してしまうかもしれません。それをあたかも発達障害によるものかのように捉えようとしてしまうことだってあるでしょう。

でも、幼いうちから親との生の会話を重ねないで、ゲームの世界に慣れた生活をしていると、子どもの中では聞き慣れたゲームの世界で通用する言葉が育ってしまいます。ゲームの世界ではそういう話し方が当たり前かもしれないけれど、実際の人の社会ではもうちょっと心のこもった優しい口調で表現するかもしれない。そういった、違和感を感じるようになるのです。

親の言葉が子どもの言葉になるように、どんな世界にも負けないくらい、親と子どもとでコミュニケーションをとること。それがとても欠かせないと思っています。当たり前のようですが、その当たり前が今、変わってきているのです。

今回はここまでです。

僕が運営しているYukuri-teという法人を通して情報発信を続けています。その法人でLINE公式アカウントをはじめました。Voicyのチャプター画面に貼り付けてあるURLにアクセスしていただくと、友だち追加が可能です。友だち追加していただくと、VoicyやYouTube、講演会などの最新情報を受け取れます。ぜひ登録してみてください。

今しかない、子どもの時期。普段からこのチャンネルでは、その子どもの心を育てるために、様々な知識を提供しています。フォローしていただくと更新通知が届きます。ぜひフォローしてみてください。

記事のポイント!

  • 気持ちを正しく表現できる言葉を養う
  • 子どもと会話する機会を大切に
  • 獲得した言葉で人生が左右される

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。 当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。     ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。