小児科医・作家
一般社団法人Yukuri-te代表理事
湯浅正太
子どもの「生きる」を考える

音楽が子どもへ与える影響

2022/01/19
# 好きな音楽 #子育て #小児科医 #湯浅正太

記事【音楽が子どもへ与える影響】

絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者で、小児科医の湯浅正太です。このチャンネルでは、子どもの心を育てるうえで役立つ情報を発信しています。

今回は、音楽が与える子どもへの影響について考えたいと思います。

このブログ記事の内容は、Voicyでも配信しています。

【この記事の執筆者(湯浅正太)の自己紹介】小児科医(小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医)&作家。病気や障がいのある子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい)を支援するための絵本「みんなとおなじくできないよ」の作者。自身もきょうだいとして育ち、小児科医として働くかたわら、子どもの心を育てる一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)を設立し活動している。詳しくは、法人ホームページをご覧ください。絵本「みんなとおなじくできないよ」を Amazonで見てみる

言葉の力

以前にも少し触れたかもしれませんが、子どもにとって日常的によく触れる言葉は、その子どもの心に大きく影響します。例えば、名前です。名前は必ず毎日触れます。しかも、名前には意味があります。無意識のうちに名前が持つ意味に毎日触れながら生きるわけですから、その子どもの心への影響は絶大です。

今回は名前ではなく、歌についてお話しします。歌も、その言葉を届けながら、子どもの心に影響を与えます。特に特徴的なのは、メロディーに乗せて言葉が届けられる点です。メロディーがあるからこそ、その言葉は心に刻まれやすくなります。しかも、見えている情景と合わせてインプットされやすいからこそ、その歌を聴いていた時代がよみがえります。それだけ、歌の効果は絶大なのです。

「それが大事」という曲

皆さんは、どんな歌が好きですか?僕にとって好きな曲は色々ありますが、その中でも、大事MANブラザーズバンドさんの「それが大事」という曲が思い出に残っています。人生でどんなことが大事なのか、そういった内容を教えてくれた歌です。

この歌を聴いたのは、僕が小学生の頃でした。当時は、1990年代に入りバブルが崩壊し、日本経済が長期的な停滞を余儀なくされるようになった頃です。ちょうどこのバブルの崩壊と重なる時期の、1991年8月に「それが大事」の歌はリリースされました。

この時期には、経済的な理由から引っ越しを余儀なくされるお友達が出てくるなどして、子どもながらにバブルの崩壊による不安定な社会を感じていました。でも、それだけではありませんでした。社会的な状況とは関係なく、自分がきょうだいという立場で悩みながら、正義とは何なのかを真剣に考えていた時期でもありました。その頃の経験は、YouTube「きょうだいとしての経験 湯浅正太」でお話ししていますので、そちらを聴いていただければと思います。

少年の心に届いた言葉

そうやって、社会状況や自分自身の心の状況が乱れている時期に、この「それが大事」という歌に出会ったのです。ちょうど小学校の6年生を送る会で、この曲を歌う機会があり、そこでこの曲を知ることになりました。

歌うわけですから、一つ一つの歌詞を覚えて、歌詞の意味を考えながら歌いました。そうやって歌う練習をしているうちに、サビにある「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと」という歌詞が、少年である僕の心にストレートに刺さったのです。

その時から、人としてどうやって生きたらいいのか、そういうことを教えてくれる曲として僕を支えてくれるようになりました。そして、大変だなと思うことがあれば、この曲を思い出しながら、自分の気持ちを整えるようになりました。

言葉を届ける

この曲を聴くと、今でもあの頃の自分を思い出します。良い意味でも、悪い意味でも、僕の心が大きく揺れ動いた時期を思い出すのです。

今、小児科医をしながら、本も書かせていただいています。それは、言葉の力によって、誰かを支えたいと思うからです。特に、これからを生きる子どもや若者を支えたいという思いがあるからです。名前、歌、本、そういった言葉の詰まったものは、必ず子どもたちを支えます。ですから、有意義な人生を送るうえで支えになる言葉を、ぜひ子どもたちに提供してあげてください。

今回はここまでです。

僕が運営しているYukuri-teという法人を通して情報発信を続けています。その法人でLINE公式アカウントをはじめました。Voicyのチャプター画面に貼り付けてあるURLにアクセスしていただくと、友だち追加が可能です。友だち追加していただくと、VoicyやYouTube、講演会などの最新情報を受け取れます。ぜひ登録してみてください。

今しかない、子どもの時期。普段からこのチャンネルでは、その子どもの心を育てるために、様々な知識を提供しています。フォローしていただくと更新通知が届きます。ぜひフォローしてみてください。

記事のポイント!

  • 言葉には力がある
  • 子どもへ、生きることを支える言葉を
  • 「それが大事」という曲、聴いてみてください

これからの時代を生きる子どもたちの心を育てたい。 当法人の活動に賛同くださり、ご支援いただける場合は、右の「寄付ボタン」からお願いいたします。     ページが表示されるまで、少々時間がかかる場合がございます。

寄付ボタン

友だち追加

お問い合わせについて

支援の実施情報について

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援の実施情報は、「活動に参加」ページからご確認ください。

活動に参加

支援についてのお問合せ

子ども/親/きょうだい(※)を対象にした当法人の支援についてのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム

※きょうだい:障がい児/者の兄弟姉妹

これからの時代を生きる子どもたちのことを思い、この法人を設立しました。